カード払いで日本円が選択できるとき

海外旅行でクレジットカードを利用するとき、通常は自動的に現地通貨での支払いになります。そして請求時に為替の換算をして日本円での請求が来ます。海外の店によってはカードを提示すると、円と現地通貨のどちらで支払うかを聞いてくれる時があります。一見円で払ったら為替手数料などがかからなくてお得なように感じますがそうではありません。お店が決めたレートで円換算をするため、通常の支払いに比べて不透明で割高なレートが使われるときがあります。その時にどんなレートになるのか、手数料がどれくらいかかるのかを教えてくれる店なら選択の余地もあるでしょうがそのケースは少ないでしょう。すべて現地通貨での支払いにしてもらうのが無難です。

 

チップの支払いをカードで行う

日本にはチップの習慣がなく、基本的には請求額を支払えば済みます。しかし海外だとチップが当たり前のところもあり、請求額しか支払わないとなかなか受け取ってもらえないときもあります。チップを払うまで対応してもらえないので注意が必要です。現金で支払うときはチップも現金を使えばよいでしょうが、支払いをクレジットカードで行うときはどうすればいいでしょう。その時のためにチップ用のコインを用意しておいても構いませんが、レストランなどではチップもカード払いできるときがあります。方法は支払い明細などにチップを手書きで追加するだけです。これでチップを含めた金額で請求してくれるため、コインを渡す手間がなくなります。