そもそもアップグレードとは?

航空機でエコノミーからビジネスクラスなど、座席を上のクラスに変えてもらうことを、アップグレードと呼びます。アップグレードは、乗客が満席のフライトで、オーバーブッキングが発生したときに行われます。航空会社は、キャンセルするお客さんを見込んで、少し多めに予約を受け付けるからです。その結果、エコノミーの席がなくなると、ビジネスクラスをエコノミーのお客さんに割り振って「座ってください」となるわけです。 アップグレードが行われる際は、各航空会社のマイレージの上級会員を優先的に割り当てる傾向があります。しかし、フライト時間が迫っている場合などは、上級会員でなくてもビジネズクラスになることもあるのです。そのため、アップグレードを狙うなら、ギリギリにチェックインするのがいい、というちょっとした都市伝説が広まりました。

 

ギリギリに予約するのはやめましょう

ただし添乗員さんが付く旅行では、フライト時間ギリギリを狙っても、添乗員さんが事前に搭乗券の発券を終えているケースが多いので、アップグレードになることはほとんどありません。アップグレードは、ひとりでセルフチェックインするときや、当日の空港で座席が割り振られる場合に該当することが多いようです。アップグレードを狙うには、ギリギリまで席を予約しないほうがいい、という都市伝説もありますが、直前の予約でアップグレードになるケースは、きわめてまれです。そんなことをすると、エコノミーのなかでも残り席、つまり一番悪い席になってしまうかもしれませんよ。